生命保険の医療保障

人気の保険ランキング【価格.com 保険】

生命保険において医療保障はいろいろ話題になります。
ちまたでは「民間の生命保険での医療保障は無くてもいいんじゃないか?」と言う意見も聞こえます。
また保険業界にいらっしゃる方の中でも「健康保険制度や高額医療制度などの公的制度でカバーできるから自分では医療保険に加入していないんですよ。」と言う方もいらっしゃいます。

方や、家族を介護し続けてきた方は日数的にも民間の保険を使い切ってしまったとも聞きます。
公的医療制度の限界もささやかれる昨今、医療保険は必要なのでしょうか?

先の介護についてですが、例えば痴ほう症、それに心臓病などを同時になった場合、いろいろな費用がかかりますよね。
私の家でも家族が要介護某級に認定されたことがあり、しばらくの間介護しながらの生活だったことがありました。
細かいものにお金がかかるんですよね。

介護事業所などでは良心的なところもあればちょっとどうなのっていうところもあります。
おむつ一つをとってみても、持ち込んでいいところもあれば高額のおむつ代を請求される場合もあります。
病院を含めれば着衣一つでも洗濯して持ち込んで着替えさせればタダですが、指定の業者が供給する入院着を強要するところもあります。月に万単位のお金が増やされることになります。

主に心臓病などでは治療が長引くことが多く、ここに痴ほう症が加わるとさらに長期化することになります。
本当にお金がかかります。
一日数千円からなかにはトータル○千万円かかったと言う方もいらっしゃるようです。
それもすべて自己負担とは・・・

お金があればいいですが無ければどうすればいいのでしょうか?

スポンサードリンク

医療保障は年齢が上がるほど必要になってきます。
今、ご自分が加入している生命保険の医療保障をチェックしてみてください。
何歳まで補償がありますか?

更新型やアカウント型だと一定の時期で医療保障が終わってしまうかもしれませんね。
特に更新型の保険では、更新後の保険料は上がっていき最後には高額な保険料になってとても支払えなくなります。
医療保障はいわゆる死亡補償とは切り離して別に備えるのがいいと思います。

また、ご夫婦で夫の契約に妻の医療保障をオプションにして契約している場合は、夫が死亡すると妻の補償は無くなってしまいます。
意外にこれに気がついていない方が多いですね。
夫婦ともにとは言いますが、保険は別個にしておくのがお互いのためだと言うことです。

医療保険は総合的商品に特約で付けるのではなく単体の保険として備えるのがいいでしょう。
また医療保険は有期のものではなくできれば終身保障の保険に加入する方が先々自分に有益になります。
逆に期限があるとかえってデメリットになるかも知れません。

保険期間と内容はいっぺんに変えることが難しいです。
少なくとも今の時点で見直せるかどうか、しっかり保険証券を「追求」していかなければなりません。

ともかく、公的医療制度や預貯金を管理、考慮しながら民間の医療保険を検討していく、その際には医療保障は可能であれば終身型を選択することが大切な要素になります。

保険はできる限りはいらないようにしていくとも言いましたが、必要に応じて自分のライフスタイルと財布に相応しいいものを考えていくべきでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

こんな生命保険は今すぐやめなさい! [ 三田村京 ]

価格:1,470円
(2014/1/31 11:28時点)
感想(7件)

生命保険のウラ側 [ 後田亨 ]

価格:819円
(2014/1/31 11:14時点)
感想(15件)

counter&bookmark

外為ジャパン評判


保険 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

track feed 生命保険 がん保険 医療保険 比較と選び方


損害保険の選び方比較まとめ
ダイエットやり方まとめ
水素水おすすめ比較効果
酵素ダイエット
骨盤ダイエット
健康
糖質制限ダイエット
花粉症対策予防
コラ活