保険料払込免除特約

人気の保険ランキング【価格.com 保険】

生命保険の保険料払込免除特約とはどんなものなのでしょうか?

急な病気で、事故で入院してしまうと収入が途絶えてしまうことがあります。
そんな時に助かるこの特約とは…

保険料払込免除特約は、所定の3大疾病(悪性新生物、急性心筋梗塞。脳卒中)や所定の身体障害、所定の要介護状態に該当した場合において以後の保険料の支払いを免除する特約です。

免除確定後は以後の保険料は支払わずとも契約は有効に継続します。

ただし病気の内容や状態によっては対象とならない場合もありますので各保険会社にご確認してください。

所定の3大疾病

*責任開始期以後に初めて悪性新生物に罹患し、医師によって病理学的所見から診断確定とされたとき。ただし、上皮内癌、皮膚の悪性黒色腫を除く皮膚癌、責任開始期から90日以内の乳房の悪性新生物は対象となりません。

*急性心筋梗塞を発病し始めて医師の診療を受けた日から60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続したと医師によって診断されたとき。(労働の制限を必要とする状態とは軽い家事や事務などの座業はできるがそれ以上の活動では制限を必要とする状態をいいます)

*脳卒中を発病し始めて医師の診療を受けた日から60日以上、言語障害、運動失調、麻痺等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師によって診断されたとき。

所定の要介護状態

スポンサードリンク

責任開始期以後の傷害または疾病を原因として下記の要介護状態に該当しその状態が180日継続したと医師によって診断されたとき。
(1)常時寝たきりの状態で下記Aに該当かつB~Eのうち2項目以上に該当して他人の介護を要する状態
(2)器質性痴呆と診断確定され、意識障害のない状態において見当識障害があり、かつ他人の介護を要する状態
A ベッド周辺の歩行が自分ではできない
B 衣服の着脱が自分ではできない
C 入浴が自分ではできない
D 食物の摂取が自分ではできない
E 大小便の排せつ後のふき取り始末が自分ではできない

所定の身体障害状態

責任開始期以後の傷害または疾病を原因として以下の身体障害に該当したとき

*耳の障害
(1)両耳の聴力が全く永久に失ったもの
*上・下肢の傷害
(2)1上肢または1下肢の用を全く永久に失ったもの
*内臓の傷害
(3)呼吸器の機能に著しい障害を永久に残し、酸素療法を受けたもの
(4)恒久的心臓ペースメーカーを装着したもの
(5)心臓に人工弁を置換したもの
(6)肝臓の機能に著しい障害を永久に残したものまたは肝移植を受けたもの
(7)腎臓の機能を全く永久に失い、人工透析療法または腎移植を受けたもの
(8)膀胱を全摘出しかつ人工膀胱を造設したもの
(9)直腸を切断しかつ人工肛門を造設したもの

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

こんな生命保険は今すぐやめなさい! [ 三田村京 ]

価格:1,470円
(2014/1/31 11:28時点)
感想(7件)

生命保険のウラ側 [ 後田亨 ]

価格:819円
(2014/1/31 11:14時点)
感想(15件)

counter&bookmark

外為ジャパン評判


保険 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

track feed 生命保険 がん保険 医療保険 比較と選び方


損害保険の選び方比較まとめ
ダイエットやり方まとめ
水素水おすすめ比較効果
酵素ダイエット
骨盤ダイエット
健康
糖質制限ダイエット
花粉症対策予防
コラ活