優良体基準、健康体基準について

人気の保険ランキング【価格.com 保険】

生命保険のおもに主契約になりそうなもの(定期保険や収入保障保険、終身保険など)においては、生命保険会社各社で優良体基準、または健康体基準などの呼称で割引があります。

もちろん、会社によっても若干の違いはありますが、概ね喫煙をしていない方で特に病気などが無い場合は適用されることが多いのではないでしょうか。

これって意外に知らない方も多いと思います。

さてどんなものなのでしょうか。

まず非喫煙者基準です。

だいたいどこでもそうですが、過去1年間タバコを吸ったことが無いのが前提です。
ご本人自体が喫煙者でなくても家族に喫煙者がいる場合、受動喫煙でたばこを吸ったのと同じになってしまうことがありますのでご注意を。
また、各社が定める「ニコチン検査」が実施されます。
それで反応が出てしまえば本当は吸っていなくても上のような受動喫煙の方はこの割引は使えなくなります。
会社員の方でもたばこを吸う人のそばにいると日ごろいつもそんな環境の場合は反応が出るかもしれませんね。

ニコチン検査は唾液の検査や尿検査などですのでごまかしようがないかもしれません。。。

続いて優良体基準です。
会社によっては健康体基準とも言いますね。

スポンサードリンク

これは生命保険会社が定めたBMI値が18<BMI<27の範囲内である事だそうです。
つまりは痩せすぎていても太り過ぎていてもダメだと言うことですね。
BMI値は体重(kg)÷[身長(m)]2(2乗と言う意味です)で算出できます。
170センチ65キロなら、65÷(1.7×1.7)=22.49となりますのでこの優良体(健康体)の範囲に該当します。

またこれに合わせて血圧の数値の範囲があります。
これもだいたい同じだと思いますが最高139mmhg以下で最低が89mmhg以下です。

この非喫煙者基準、健康体(優良体)基準の両方に該当すればかなりの割引になると思いますよ。

主には外資系、損保系の保険会社は推進しているようですね。
健康体や優良体基準とかで検索してみると、いわゆる大手生命保険会社はヒットしません。
なぜなのでしょうか?わかりませんね。
一応やっているみたいですが一部の大手社はかけらも見えないのには何か意図的なものを感じます。

「健康だから生命保険の見直しは特に必要ない」
なんて思っている方。
保険料が安くできるチャンスはその健康なときしかないんですよ。

あと余談ですが、大手社で「アカウント型保険」「定期付終身保険」のたぐいに加入されている方。
健康なうちにもっと合理的でしっかりとした保険に乗り換えることをお勧めします。

なぜって?
証券見ればわかりますよきっと。。。

生命保険は自動車保険以上にたくさんのお金を費やして安心を得る保険です。
損してまで入る必要は無いので保険料の支払金額をがっちり把握して加入したいものですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

こんな生命保険は今すぐやめなさい! [ 三田村京 ]

価格:1,470円
(2014/1/31 11:28時点)
感想(7件)

生命保険のウラ側 [ 後田亨 ]

価格:819円
(2014/1/31 11:14時点)
感想(15件)

counter&bookmark

外為ジャパン評判


保険 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

track feed 生命保険 がん保険 医療保険 比較と選び方


損害保険の選び方比較まとめ
ダイエットやり方まとめ
水素水おすすめ比較効果
酵素ダイエット
骨盤ダイエット
健康
糖質制限ダイエット
花粉症対策予防
コラ活