hoken

損害保険の選び方、あなたはどうやって保険を選んでいますか?

一番安い自動車保険がわかる!

損害保険には自動車保険を始め火災保険、傷害保険、賠償責任保険などいろいろなものがありますよね。
自賠責保険は保険料が国で決められているもののやはり損害保険のひとつです。

保険の種類もたくさんあり、各保険が組み合わさったセット商品もありますが、まずは種目ごとに保険の特徴を知り選ぶための基本を学ぶべきではないでしょうか。

とりあえず入っておけばいい・・・
そうではないと思います。

高くてなんだか違和感のある保険。
安いけど本当に大丈夫なのって保険。
特徴がわかりにくい保険。
なぜか同じような保険に複数加入している。
自分の保険が何のために加入しているかいまいちわかっていない。

損害保険はその目的ごとにいろいろな商品に分かれています。
必要なものを選び不必要なものをやめていくことも大切なんですね。

自動車保険などを例にとれば大手保険会社、通販の保険会社の二つに大別されますよね。
通販の会社は安くてコストパフォーマンスもいいです。
お手軽な半面、契約時には内容を理解して自分で商品構成をネット上で入力していきます。
選択には自己責任になる部分もありますね。
ぶつけられた事故の時にどうすればいいかの不安や保険料が安価な分損害サービスの拠点が少ない会社もあります。
大手損害保険会社は代理店にもよりますが、保険の細かい説明や事故時のアドバイスなどをしてくれます。
もっともそうでないと高い保険料を払って加入しないかもしれません。
保険料の対比をしながらその内容やサービスを吟味しなければなりませんね。

また法人は通販を原状利用できません。
通販保険会社は車種も自家用系車種に限られまた事故履歴のある契約にはちょっと難色を示す場合もあります。
ただし、大手損害保険会社も前年事故ありの契約については同じ等級でも保険料に差を付けるようになってきました。

いずれにしても保険を選ぶ中で保険の担保内容、事故時のサービスなどは何度でも聞くべきなのだと思います。

昨今は自転車による交通事故も急増しています。
子供さんが歩行者にぶつけてしまい数千万円の賠償額を請求されているケースも多いです。
そう言う時に賠償責任保険に加入していれば大きな不安も無く安心して自転車の乗れる、または乗せられるのではないでしょうか。
では賠償責任保険ってどんな保険?と思われる方も多いのではないでしょうか。

このブログでは現在、過去、未来、保険がかかわってきた道の中でどうやって保険を比較し選ぶか、そのヒントになるようなことを書いていければと思っています。
また私自身が現場で体験した実例、事例なども可能な限り書いていきたいと思います。

保険料比較 お勧めサイト

無料の自動車保険一括見積もりサービス

「火災保険」選ぶなら【価格.com 保険】

スポンサードリンク


スポンサードリンク

スポンサードリンク