自転車の事故への備え、やっていますか?

一番安い自動車保険がわかる!

先日、神戸地裁で行われた裁判で、自転車を運転していた児童の母親に約9500万円の支払いを求める判決が出ました。
被害にあった女性は散歩中に事故にあいましたが、この事故によって頭を打ち植物状態になってしまいました。
事故発生から約5年、さまざまな思いが交錯する中での判決となりました。(現在控訴中)

この件を始め、昨今自転車が加害者になる事故が急増しています。

その中で関心を集めているのが個人賠償責任保険なのです。

個人賠償責任保険は個人が他人に対して損害を与えた時にそれを法的に賠償しなければならない場合適用される保険です。
たとえば、人のお宅に伺って過って花瓶を壊してしまった(結構高額な。。。)、マンションの3階から鉢植えをおとしてしまったら下に車が止まっていて屋根にぶつかってしまった、飼い犬がお隣の奥様を噛んで怪我をさせてしまった、さらには子供が自転車で人をはねてしまったなど、同居の親族(別居の親族→扶養者なども適用あり)までの範囲なら保険の対象にできるまた保険料も安価なものが個人賠償責任保険です。

スポンサードリンク

以前は単体の保険として売られていましたが、最近はあまり単体では見ることがなく、自動車保険に特約で付保したり火災保険や傷害保険にやはり特約で付保したりするのが一般的ではないでしょうか。
全部の保険会社を調べたわけではありませんが、自動車保険であれば無制限もあったり傷害保険であれば3億円くらいまでできたりします。保険料的には自動車保険で年間2000円弱ほどで付保できる、また傷害保険では交通傷害+賠償責任保険特約で3000円ちょっとくらいで加入できると思います。
細かいところはお知り合いの保険会社や代理店に確認してみてください。

最近街場を回っていてみなさんの関心が高いのはやはり自転車の事故。
自転車保険的なものもありましたが(今も一部あるのかな)それももとはと言えば傷害保険の変化球でした。

私も自転車には乗りますし子供もおりますから個人賠償責任保険は加入しています。
無関心な人もまだまだ多いですが、こういった判例が出てくると安穏としてはいられませんよね。

自転車同士の出会いがしら事故もありますし、商店街、繁華街での自転車の無理な走行が事故につながる例もあります。
私の知人では自動車で止まっているところに自転車が突っ込んできたこともありました。
相手の人は個人賠償責任保険には未加入でした。

保険と言うものは不必要なら入らなくてもいいんです。
でも日本人は不思議と保険が好きなんですね。。。
結構無駄な保険に加入している方がすごく多いと感じます。
その無駄を少し省いてこういったものに変えていくことがこれからは大切なのではないでしょうか。

保険の見直しは時々行っていくのがベターだと思います。

スポンサードリンク


スポンサードリンク

スポンサードリンク