相手車全損時修理費特約

一番安い自動車保険がわかる!

相手車が事故で全損になってしまった。
全損ってなんだ?
全損とは「修理した場合の修理代金が車自体の時価額を上回ってしまった」場合を主に言いますよね。

???
もうちょっと具体的に言うと、車の時価額が20万円しかないときにぶつけられたりして修理工場に入庫したところ修理代が30万円かかると言われたとします。
「車の価値」以上に「修理代」をかけるのは賠償に値しない、時価額を賠償すればよしという考え方が全損なのでしょうね。

しかし、それで本当にいいのかな?

確かに賠償上はその車自体の本来の価値の分だけ賠償するのが建前だとは思います。
しかしながら新たに車を取得するには諸費用を含め「車の価値」と言われる金額だけでは到底無理ですよね。
また人によっては今の車を心行くまで乗っていたいと思う方もいらっしゃるでしょう。
最近は1台の車を長く乗っている傾向があると思います。

そんな情勢を判断(?)したのか数年前からこの特約が現れました。(笑)

ふる~い車にぶつけるとよく交渉がもめるんでそういう部分では助かりましたけどね。

スポンサードリンク

被害車両が修理をする場合に限り「50万円」を限度に修理代を認定する、ということらしいです。
直せば修理代払いますよ~
でも直さないなら査定額でしか払えませんよ~
あなたはどっち!!
そういうかんじですかね。。。

賠償の法則に若干矛盾するのではないかなとも思いますが、もめて加害者に直談判されるよりはその範囲で修理が可能なら相手も助かるという部分ではいいと思います。

しかしながら、トータルの損害率は上がります。(たぶん)
保険会社の経営を徐々に圧迫するのではないかな。
以前、「子供のやった事故の車両損害は事故にカウントしない(一回に限る?)みたいな特約がありましたがほどなく廃止になりましたね。
それはそうですよ。だって事故があってもノーカウント→保険料据え置きでは出しっぱなしですから。

リスクを考慮しての販売でしょうから総合的に考えれば大丈夫と考えているのでしょうね。
お客さまにとっては有益な保険特約ではないかと思うのでまた現場で状況を見続けていこうと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク