自賠責保険とは

一番安い自動車保険がわかる!

自賠責保険とは何の保険か、内容などを見ていきましょう。

自賠責保険とは本当は「自動車損害賠償責任保険」と言うのが正式な名称です。つまりは損害賠償のための保険なのですね。
自賠責保険は自動車損害賠償保障法によって、原動機付自転車(原付)を含むすべての自動車の保有者に対し、自動車1台ごとに加入することが義務付けられています。そこから「強制保険」とも言われているわけですね。
また、自賠責保険を付けずに自動車や原付を運転すると、1年以上の懲役または50万円以下の罰金、さらには違反点数6点(!)、免許停止の処分の対象となりますので注意しましょう。
(構内専用車など公道を走ることのない自動車などは加入義務がない場合もあります)

では、自賠責保険ではどんな事故に対して保障ができるのでしょうか。

スポンサードリンク

自賠責保険では日本国内において、自動車の運行によって他人に怪我をさせてしまったり、死亡させたりしてしまったとき保険金が支払われます。
よく勘違いしている方もいらっっしゃって「自賠責保険では対物も保障されるんですよね?」と聞かれたことが以前はありましたが、現在は少しは「対人のみ」と認知されるようになってきた気がします。
それでもどういう時にいくらくらいまで支払われるかとか、まだご存じでない方も多いのではないでしょうか。
簡単に説明しますと下記のようになります。

(被害者1名あたりの金額)

傷害による損害…おもに治療関係費、文書料(診断書、診療報酬明細書、事故証明書など)、休業損害(一般的にお勤めの方、主婦の方)、慰謝料等  →最高120万円まで

後遺障害による損害…逸失利益、慰謝料等  →神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合 常時介護のとき 最高4000万円、随時介護のとき 最高3000万円
他、後遺障害の程度により、第1級 最高3000万円まで~第14級 最高75万円まで

死亡による損害…葬儀費、逸失利益、慰謝料(本人及び遺族)  →最高3000万円まで
また死亡に至るまでの傷害による損害は上記傷害による損害と同様で最高120万円までとなっています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク