自賠責保険の請求方法

一番安い自動車保険がわかる!

自賠責保険の請求方法について考えていきましょう。

自賠責保険の請求方法には大きく二つの方法があります。

一つ目は「加害者請求」です。
自賠責保険における加害者請求は一般的には被害者の治療や休業補償、慰謝料等について加害者がすべてをいったん立て替えて被害者と示談を行い(必ずしもすべて示談が完了していなくても請求自体は可能)、各領収証や必要書類をそろえて保険会社に請求するやり方です。
当然任意保険に入っていればこのような「立て替え」もしなくていいわけであり、大変負担になることですね。大きなお金を賠償金として用意しなければならず支払いの面で遅くなったり、お金が用意できず被害者との交渉が円滑に進まないことも大いにあり得ます。こういう面だけでも自賠責保険だけでなく任意保険の必要性が大きいと言えるでしょう。
再度簡単にいえば、加害者請求は加害者側が被害者の損害分をいったん立て替えてから保険会社に請求する方法と基本的には認識して下さい。

もう一つの方法は「被害者請求」です。

スポンサードリンク

自賠責保険における被害者請求は必ずしもすべてのお金を立て替えなくてもいい面も存在します。
例えば、加害者側が治療費しか払ってくれなかった場合でも、自らが必要な書類を提出すれば慰謝料や休業補償をもらえるのです。
加害者側が任意保険未加入で、なお且つ支払う資力もない場合にも、「被害者を救済する」という趣旨の自賠責保険ですから被害者からの直接的な請求に対してはある程度寛容だとも言えます。
詳しくは実例のところでも書いていきますが、加害者が立て替えてくれない場合でも、120万円の範囲までは補償がありますのであせらずに面倒くさがらず対応していくのがいいと思います。
必要書類等が分からない時などは、各保険会社の事故センター(サービスセンターとも呼ばれている)に遠慮なく電話して問い合わせていきましょう。
相手に誠意がないとか騒いでいる暇があったら、さっさと賠償金を額面通りいただくことを考えていきましょう。

もっとも、自動車を運行する一人一人が任意保険を軽視せずにしっかり加入していれば、少なからず自賠責保険に直接個人が請求することも減っていくでしょう。
自分がまずしっかりと備えていくことが万が一事故になったときの自分も相手も守るのだと心に刻んでいきましょう。

自賠責保険は任意保険とタッグを組んで初めて「保険」と言えると私は思います。

スポンサードリンク


スポンサードリンク

スポンサードリンク