自賠責保険と任意保険

一番安い自動車保険がわかる!

自賠責保険と任意保険の関係について見ていきましょう。

自賠責保険は対人賠償だけにしか使えないこと、また項目ごとに限度額があり自賠責保険だけしか加入していなければ賠償金が大きくなったときに多大な出費をしなければならない危険性があることなどについては前述したとおりです。
そこで上乗せの自動車保険、俗に言う任意保険の必要性があるというわけですね。

スポンサードリンク

逆に任意保険に加入していればそれで万全なのでしょうか?車検が切れていて万が一自賠責が切れている状態で車を動かして事故になってしまったら…任意保険ですべてをまかなってはくれない場合もあります。
任意保険、つまりは自動車保険は自賠責保険が必ず加入している(強制保険だから加入していなければおかしいし大前提)ということを念頭に置いている保険です。具定例のところでも触れようと思いますがどういうことかというと、各保険会社は加害者に代わって賠償金を払い事故を解決していくわけですが、その中で被害者方の損害を裏付けをとって査定し支払っていくわけです。そして示談完了後、加害者請求と同じように保険会社も自身の立て替えた部分に対し自賠責保険に保険金請求をするのです。
保険会社も自動車保険として任意保険を販売し、その中で賠償金を払ったり運用したり経費を捻出したりしているわけですが、国が運営している自賠責保険にその支払った賠償金の一部でも回収できるならばしっかり回収しているのです。
言わば加害者請求の代行?のような図式にもなるわけですね。
と言うことはもし示談が自賠責保険の限度額内で解決できたなら、保険会社は任意保険部分の支出をしなくていいわけです。その分少なく済めば違う経費等に回すこともできます。事故による賠償金はいろいろな査定様式で支払う金額が決められています。しかしそれだけでは示談に応じない被害者も当然いるわけで、そのあたり保険会社も企業努力で適正な賠償金で収まるように交渉しているというのが事実だと思います。

自賠責保険と任意保険は必ず両方切れることのないように管理することが必要です。
できれば両方同じ保険会社だと保険会社の担当者としては事故処理がやりやすいかもしれません。そんなことも考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


スポンサードリンク

スポンサードリンク