自賠責の加害者請求のときに一緒に被害者請求もした実例

一番安い自動車保険がわかる!

自賠責保険に加害者が請求する時に同時に被害者請求も行えます。
別々に請求するよりも簡単なのでお勧めします。

どういうことかと言うと、加害者側で事故証明書や発生状況報告書、被害者の診断書、明細書などを既にそろえていれば被害者側は自分のほしい保険金のための書類さえ揃えれば請求できるので簡単です。

スポンサードリンク

例えば、治療費は全額加害者が病院等に支払ってくれたものの意外と高額になってしまい被害者の休業損害や慰謝料にまで立て替えて示談まですぐにできないケースなどは、被害者側から休業損害の書類と印鑑証明、保険金請求書くらいだけ揃えれて加害者の請求書類と合わせて保険会社に提出してもらいます。
そうすれば加害者が取り付けた医療明細などで通院日数や実績もわかるし慰謝料の計算も可能です。個々に行うよりも同時に調査も進むので支払われるのも当然早くなりますね。

もちろん加害者側がすべての費用を支払って解決するのが望ましいのですが、任意保険に加入していない場合は長引くケースがかなり多いです。
早期解決を目指すなら、面倒くさがらず被害者請求もいとわない姿勢が大切だと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク