自賠責保険請求で人身事故だったけど物損扱いで処理した実例

一番安い自動車保険がわかる!

通常、人身事故の場合は警察に届けて「人身扱い」の事故として処理されなければなりません。任意保険の自動車保険では人身扱いの事故証明書が求められ、取得できない場合は一括払いの手続きなどができないケースもあります。

自賠責保険に於いてもこの条件は基本的には同じです。しかしながらケースによっては人身事故扱いの事故証明書が取得できない場合もあります。

たとえば…事故自体は物損事故であったけれど、あとから体に変調をきたしたケースとか、主には軽傷事故の場合に多いかもしれません。

実際、事故証明書が取れないケースもあるかもしれません。そういう場合はどうすればいいのでしょうか?

スポンサードリンク

人身事故だったけど物損扱いで処理されている場合は、物損事故の証明書は発行されます。そこに「人身事故証明書取得不能理由書」というものを添付してほかの書類とともに提出します。自賠責保険に関しては、被害者救済という部分が大きいのでよっぽどの悪意が働かない限り(というか正当な請求であるならば)立て替えた損害などの費用は支払われると思います。

しかしながら、任意保険においては人身事故証明書がなければ保険会社は動きません。あくまで自賠責のみに通用する(もしかしたら将来できなくなるかもしれません)ものだと認識して下さい。

あまり自分の免許証がかわいいと言うばかりに相手方ともめるケースもあります。事故を起こしてしまったら小細工はせずに警察に届けてしっかり調べてもらうことをお勧めします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク