自賠責保険請求をしたけれど請求が棄却された実例

一番安い自動車保険がわかる!

自賠責保険は被害者に対してその損害を補てんし救済する役割があるのはご存じのとおりです。でもいくつかの例外として保険金請求をしても支払いが受けられなかったケースがあります。

たいていは加害者になったとしても怪我をしていたならば減額になっても保険金の支払いが受けられます。

まったく保険金の支払いが受けられないのはお察しの通り「信号無視」の場合です。

とある大きな交差点、国道クラスが交わる場所で事故は起こりました。

Gさんは昼間であったにもかかわらずなぜかハイテンション。楽しくドライブを楽しんでいました。

しかし「魔の手」はすぐそこに来ていました。

Gさんはちょっと調子に乗りすぎてわき見をしてしまいます。その時に信号機の色がすでに変わっていたのを見落としてしまいます。Gさんの信号はすでに赤になっていました。そこに青で発進してきた大型トラックが目の前を横切ってきました。目が点になり呆然とする暇もなくGさんの車はトラックの側面に衝突し大破、そのまま救急車で病院に運ばれてしまいました。

車の破損の程度を見る限り命の危険性もあったと思われましたが、幸いに骨折もなく助かったGさん。でも全身打撲で程度は結構なものでした。しばらくは入院し安静加療を強いられました。

なけなしの貯金をはたき入院費用を支払って退院したのちにトラック側との交渉になりました。物損については保険会社同士の話になり調査の結果Gさんの信号無視が確定、100%相手の修理代金を賠償することになりました。

スポンサードリンク

当然自分の治療費や休業補償、交通費、慰謝料なども相手側は払ってはくれません。そこでGさんは考えました。「自賠責保険に請求してみよう」と。自賠責保険は被害者(この場合そう考えてもGさんが加害者だとは思うが…)救済の保険のはずだとおもうから何がしか保険金が下りるのではないか。減額されても治療費相当分だけでも回収できれば、そう考えて早速動き出しました。

所定の申請書類を全部揃えて、事故証明書も取得して保険会社に提出しました。保険会社から自算会の調査事務所に一見書類は回送され確認作業が行われました。

結果は…保険金の請求は棄却されました。当然と言ってしまえば仕方がありませんが今回のケースではGさんの過失が100%であることと運転経路や状況に酌量の余地がないことなどが原因だったようです。今のように人身傷害補償がないころの話だったのでなにも補償を受けられないままこの件は幕を引きました。

考え方一つかもしれませんが今後においても「悪質」とみなされた事故では自賠責保険の請求をしても認められないケースが出てくるかもしれません。加害者である人が被害者だと認定できるには相手方にも何かしらの過失がなければ難しくなるのかもしれません。こういったケースにならないように自分を律するとともに自動車保険などで非常時の備えをしておく必要があります。相手方の自賠責保険だけを頼りにはできないですよね。自ら備えていきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク