自動車保険中断後新規の手続き 等級継承など

一番安い自動車保険がわかる!

自動車を手放す時にしておいた方がいいのが「中断証明書」の発行です。

自動車保険には事故が無ければ割引率が必ずありますよね。
これを自動車を手放してから10年間手続き無料でキープしておけるのですからやっておかない手はありません。
紙1枚書けばいいんですから面倒くさがらずにやっておきましょう!

ではその中断証明書を使って新たに自動車保険に加入するにはどうすればいいのでしょうか?

中断証明書を使えば最初から元の等級を使って自動車保険に加入することができます。
もちろん保険会社が違っても可能なので、昔付き合っていた保険会社の中断証明があるけど今は違うところに入りたいと言うのもありなのです。

相互に情報交換している会社同士であれば全く問題なく手続きできます。

また自動車共済と保険会社間でも等級の継承を行うことが可能です。
主なところとしては、JA共済や全労災、教職員共済、共済連などでしょうか。

スポンサードリンク

JA共済(農業協同組合)と共済連(全国中小企業共済協同組合連合会)はそれぞれの中断証明書があれば等級継承が可能です。
しかしながらその他の全労災や教職員共済、全自共(全国自動車共済協同組合連合会)から等級継承する場合は、共済期間終了後に前契約の契約内容、無事故・事故を証明する書類を発行してもらう必要があります。
この無事故・事故証明書等を発行してもらわないと持っていた無事故等級の割引が使えませんのでご注意ください。
手続きには多少日にちがかかりますので、車を購入する予定が決まったら早めに証明書の依頼をする必要があります。書類のフォームは各保険会社や代理店に依頼すればもらえますので聞いてみてください。

等級継承の手続きができていれば、あとは通常の自動車保険加入の手続きと同じです。
車検証コピーの添付や申込書への記入捺印などを行えばOKです。

せっかく眠っている割引付きの等級あったりしませんか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク