搭乗者傷害保険

一番安い自動車保険がわかる!

搭乗者傷害保険は対人、対物保険に並びポピュラーな補償として長年親しまれてきた「怪我の補償」ですよね。

近年は人身傷害補償などがすでに周知となっていて搭乗者傷害保険は不担保になっているケースが多いです。

では搭乗者傷害保険はどんな保険なのでしょうか。

以前から一般的だったのは、入院、通院時に日額補償があると言うことですね。
1日通院したら5000円とか、入院したら7500円とかです。一般の傷害保険と同じ感覚でいいと思うのですが違うのは限度日数でしょうか。

搭乗者傷害保険は事故から180日間における入院と90回までの通院を担保する保険となっていました。
昨今は入院も日数を減らすとかもありましたが、日額払いではなくて一時金で支払う(4日までだといくら、5日以上だといくら)方式が今は主流になっています。一時金払いの場合は定額のほかに大きな怪我の時は別の保険金も支払われることもあります。

スポンサードリンク

しかしながら考えてみると、搭乗者傷害保険は結構損害率が上がるケースもあり、つまりは長く通院する人が多くなっている現状からも日額払いは販売をしなくなってきているのが現状なのではないでしょうか。

その分保険料も一時金払いの方が日額払いより安くなっていると思います。

実際は人身傷害補償で治療費や休業補償、慰謝料などが支払われるため、搭乗者傷害保険の存在自体が疑問視されています。
ただ、補償内容としては大変わかりやすくまた「傷害保険に入っている」感覚であれば決して無駄ではないと考えます。
でも車に乗っている間しか補償されないですけどね。

ご自分の自動車保険を考えて見直す際に、比較サイトで搭乗者傷害保険を入れた場合、入れない場合で試算して費用対効果を考えて契約するのも一つのやり方と言えるでしょう。

ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク