車対車+限定危険 車両保険の特約

一番安い自動車保険がわかる!

先に車両保険ではいろいろな事故について補償されると書きましたが、車対車+限定危険においては車両保険で補償する事故を「相手自動車との衝突・接触事故」および「火災、爆発、盗難または落書き・いたずら等、契約自動車の走行に起因しない事故」に限定する特約を言います。

わかりにくいでしょうか(笑)

具体的に例示した方がいいですよね。

一般車両保険では、自分が原因の事故たとえば追突してしまって相手に損害賠償しなければならない事故を起こしてしまったとき、当然自車両も壊れていると思います。その修理代金を補償する場合、他には駐車場に止めておいて、帰ってきたらぶつけられたいわゆる当て逃げされてしまった場合の修理代金を補償する場合、相手がいない場合でたとえば車を電柱などにぶつけてしまった場合の修理代金を補償する、このようなものが一般的でしょうか。

車対車+限定危険とは、上の一般車両のケースから電柱に激突などの単独事故や当て逃げされてしまった相手不在の事故を除いて、自動車(原付自転車以上で登録ナンバーが交付されているもの)との衝突・接触の場合、「相手自動車の登録番号等」および「その運転者または所有者」が確認できた時に補償されるものを言います。
当然それらのうちどれかが確認できないならば車両保険の補償を受けることはできません。

スポンサードリンク

過去にもいろいろな事故がありましたが、この限定的な部分を説明しているのにもかかわらず必ずと言っていいほど「そんなこと聞いていなかった」「車両保険に入っているのになんで補償されないんだ!」とおっしゃる方がいらっしゃいました。

何度も言いますが、

「相手が確認できなければ補償はされません。だからその分保険料が安いんです。」

ということです。

基本的にそのあたりをご理解いただけない方には一般車両保険しか勧めません。
ただひたすら「安さ」を求めるのであれば最初から車両保険を付保しなければいいんです。

またこの特約は二輪自動車や原付バイクなど一部の車両には付保できません。
一般車両にも言えることは、ユニック付きトラックのユニック部分とかいわゆる機械装置は車両保険を付保はできませんので頭に入れておいてくださいね。

まあ、どんな事故でも必ず相手をしっかり確認し警察に速やかに届け出ることが肝心なのは言うまでもありませんね。

では安全運転で頑張っていきましょう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク