人身傷害補償 交通乗用具危険担保特約

一番安い自動車保険がわかる!

人身傷害補償において、交通乗用具危険を担保するのがこの特約です。

電車・自転車・航空機・船舶・エレベーターなどでの事故を、人身傷害事故として、人身傷害補償保険に従って保険金をお支払いするものです。

通常人身傷害は被保険自動車に搭乗している時の交通事故について身体的損害を被ったとされる場合に補償になるものですが、この場合は車外の危険に対しても支払われると言うのが大きな違いです。

たとえば自分の子供が自転車に乗っているときに車とぶつかって怪我をしたとします。
通常なら自動車側が保険会社を立てて被害者側と交渉したりするのが普通ですが、任意保険に未加入だったり保険が使えないとか(年齢条件等に抵触しているケースなど)自転車側に大きな過失があるとかの場合で相手方と交渉のテーブルに載りにくい状況下ですとこの特約の力が見えてきます。

スポンサードリンク

自転車以外でも歩行中に車にはねられた場合や、自身の車以外のお友達などの車(あくまで同居親族以外の他人の車)で事故にあい、怪我をした場合などはこの特約でカバーすることができます。

主には治療費、慰謝料、休業補償など普通の賠償される項目と同じです。

人身傷害補償は被保険者自身と同居親族、別居の未婚の子供(婚姻歴があって親と別居している子供は含みません)などが対象になるので交通傷害保険の代わりにもなりえます。

一家に複数台車がある時は、一台を交通乗用具危険担保特約をつけたものに、他は被保険自動車搭乗中危険にしておけば保険料的にもいいと思います。

使える特約は無駄なくしっかり利用していきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク