新車特約

一番安い自動車保険がわかる!

車両保険に加入している際に契約車両の修理費が新車購入時の価格の50%以上に、または車両保険金額以上になったとき、実際にかかる車両の再購入費用または修理費について新価保険金額を限度に支払うのが新車特約(車両新価保険特約)です。

この特約の条件は以下の通りです。

契約車両がワンオーナーカーであること
(車両が新車で購入された車であること)
契約期間の初日の属する月が初度登録年月の翌月から起算し25か月以内であること
満期日の属する月が初度登録年月から37か月以内であること

これらを満たしているときにセットすることができます。

その他

スポンサードリンク

内外装・外板部品以外に著しい損傷があった場合に限る
事故日の翌日から起算して6か月以外に代替の車を再取得または契約車両を修理した場合に限る
盗難事故は対象外
この特約で保険金を支払う場合は全損時諸費用保険金は支払われない

となっています。

わかりやすく言えば、事故から6か月以内に早いうちに買い替えるか直すか決めましょうということですね。

ちなみに全損時諸費用保険金とは、
契約車両が全損になった場合、契約金額の10%(20万円限度)を支払う
ものです。

それだけ諸費用がかかるということですね。
新車特約の付保できない契約では大変助かる保険金の一つです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク