弁護士費用特約

一番安い自動車保険がわかる!

自動車保険の弁護士費用特約について簡単に書きたいと思います。

「自動車保険により補償の対象となる方が死傷した場合や補償の対象となる方が所有、使用、管理する財物が損傷するなどの損害をこうむり、相手方への損害賠償請求の交渉を弁護士に依頼した場合などに必要となる費用について、300万円を限度にお支払いいたします。」(法律相談費用は10万円が限度)

とありますね。

具体的にはどういうことなのでしょうか?

自動車に乗る以上事故はつきものです。
当然事故を1回も起さない方もいらっしゃるでしょうが、近しい方が事故を起こして困っている姿を見たことはあるのではないかと思います。

例をあげるとしたら…
事故を起こされて(ぶつけられたりして)相手が悪いはずなのに居直ってくる場合などでしょうか。
過去の例では交差点でバックしてきた大型トラックが一時停止を無視して急に交差点に進入し直進の乗用車とぶつかったケースです。
相手側には一時停止があるだけでなくしかもバックで出てきており、安全確認を履行することが極めて困難な状況下のなか強引に交差点内に侵入してきたため乗用車は回避することができず互いが衝突したというものです。
こちらは左の側面が大破、相手は左後ろの角に少しの傷がついた程度でした。
相手側は自分の非を一切認めず、保険に加入しているにもかかわらず交渉を一切拒否してきました。
横暴極まりないやり方ですね。
自分の方はほとんど壊れてないから知らぬ存ぜぬで押し通すつもりなのは見え見えです。
残念ながらこちらの車は年式も古く全損に…約25万円ほどだったでしょうか。
当時は弁護士費用特約も無く、自分から訴訟や調停を起こして相手を出てこさせなければなりません。普通に生活している方が自分の仕事の時間を費やして応じるかどうかわからない族を表に出させるのは困難きわまりません。
このケースにおいては泣き寝入りすることになってしまいました。
弁護士を立てるにしても請求金額と同じくらいの費用がかかってしまっては精神的満足以外にやる意義も薄れますしね。

スポンサードリンク

他には、自転車で路上を走行中自動車にはねられて死亡してしまった方の賠償請求交渉があります。
もちろん遺族自身が交渉の前面に立ってもいいわけですが、保険会社相手にうまく丸めこまれてしまうことも考えられます。
交通事故の査定においては、弁護士の基準と保険会社の基準は若干違う場合もあります。金額も大きくなることが予想されるので専門家を立てて交渉するのも一考かと思います。

その他家の塀を壊されたとか大事にしているものを壊されたとかもあるでしょうし交通事故以外の賠償請求が生じることも出てくるかもしれません。
また何かのことで弁護士に相談することも出てくるかもしれません。
相談料は30分5000円(すみません確かこのくらいだったかと思うのですが)程かかるようです。
こういう費用も捻出できるのが弁護士費用特約です。

保険料的にもだいたい1500円(年間)でつけられるはずです。
月100円ちょっとで弁護士を雇えると思えばとても安いと思いますがいかがでしょうか。

漠然と考えず、使うべき用途、シーンを想像して自動車保険を設計するのも必要なのではないでしょうか。
こういうことは遠慮する必要はないのでどんどん質問して自ら理解して保険設計に役立てていきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク