火災保険 竜巻などの被害

一番安い自動車保険がわかる!

先日の竜巻の被害にあわれた皆様方が早く普通の生活に戻れますようお祈り申し上げます。

竜巻は突然やってきて何事も無かったかのように消えていきます。
しかしその爪痕はしっかりと残していきました。

火災保険では「風害」のところでこういった竜巻の被害にも保険金が支払われる場合があります。
しかし中には支払われない場合もありその違いがいまいちわかりにくいと言う声も聞かれます。

火災保険で支払われる風害、また支払われない場合はどんなことなのでしょうか。

この前テレビを見ていましたら、某局の人気バラエティ-情報番組にてファイナンシャルプランナーの方が説明していました。

「竜巻の損害は住宅総合保険などで風害の項目が適用となり、20万円以上の部分を保険金として支払います。20万円までは支払われず仮に損害が21万円でしたら1万円のみが支払われます。」

とのことでした。

ん?
ちょっとおかしいな。。。

通常火災保険の風害では「20万円未満の損害」は確かに支払いになりません。
がしかし、20万円を超えた場合は全額支払われます。
20万円までが支払われないのは「免責20万円」となっている契約の場合です。
ですので上の説明は免責という言葉が不足しているか、説明自体が間違っているかですね。

スポンサードリンク

実際におきたケースでよくあるのが台風の被害です。
台風で屋根瓦が飛ばされてしまいまた屋根の一部が破損して雨漏りしてしまった。
そこで工務店に修理を依頼したところおおよそ25万円くらいの見積だったのが工務店の好意により19万5千円の請求があったとします。
19万5千円では火災保険での支払いはできません。見積もり通りの金額が世間一般的に問題ない場合は25万円で請求してもらわないと保険会社からは支払いを受けることができません。まあしてもらわないとという言い方はおかしいですがね。

余計なところまで直したのならもちろん請求はできませんが、ちゃんとした社会通念上認められる修理内容であれば保険会社も認定してくれるのではないでしょうか。

自治体などの被害者援助の制度とは違うので混同しないようにしてください。

火災保険における風害はあくまで20万円がボーダーラインです。
その他には雪害、雹害も同様です。

もちろん昨今はこの20万円のラインがどうこうの保険ではなく、損害時の免責金額を設定しているものも増えています。

火災保険の対象となる損害について3万円とか5万円とか免責金額をつまりは契約者の自己負担額を設定して保険料を安くしている保険もたくさんあります。
その場合は決められた免責金額は当然支払われません。

どちらを選択するかは契約する方の判断次第ですが、このあたりの説明をちゃんと聞いておかないともらえるはずの保険金がもらえなかったということにもなりかねません。

竜巻は台風以上に予測ができないものです。
突然の災難にあってしまったときに困らないよう、火災保険の証券内容をよく確認、見直しておきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク