交通事故の防止

一番安い自動車保険がわかる!

交通事故の防止にはいろいろな方法がありますが、やはり運行前点検と体調管理は必須です。
そこで交通事故に関していかに危険であるかをよく認識し、日頃から注意喚起していくことが防止につながることだと思います。

そんな中で一般家庭でも企業でも交通事故の防止に力を入れていることだと思います。

そこで、では実際に交通事故を起こしてしまったとき、どのようなことに注意していくべきかを考えてみたいと思います。

まずは「負傷者の救護」を第一に考えるべきです。
防止しようと思っていても起こってしまうのが交通事故です。
万が一そのような場面に遭遇してしまったら、まず負傷者のことを考えましょう。
負傷者が軽傷でない限りは119番を先にするべきですね。

医師や救急車が到着するまでの間、止血など可能な限り出来る範囲で応急処置を行いましょう。
負傷者はできるだけ動かさないように気を配ってくださいね。
特に頭を打っている場合は慎重に。

交通量の多い場所であれば、安全確保のために負傷者を速やかに移動するのが二次的事故を防止するためには大事なところです。

続いて事故を起こした車を安全な場所に移動しましょう。

事故の続発を防止し、交通渋滞の原因を作らないためにも妨げにならない且つ安全な場所に車を移動しエンジンを止めておきましょう。

その後に一番最寄りに警察署(110番すれば最寄りにつながります)に届け出をしましょう。
小さな事故でも必ず届け出することが後にトラブルになることを防ぐことになります。
交通事故の届け出の際にはありのままの事実をできる限りはっきりと警察官に伝えましょう。
あいまいなことが事故の解決に妨げになることもありますのでご注意ください。

警察への届け出は、道路交通法で義務付けられています。
くどいようですが必ず届け出てくださいね。

届け出が済んだらその間に相手と話せる場合は以下のことを確認しておきましょう。
*相手の住所、氏名、連絡先、勤務先の連絡電話番号や携帯番号
*相手車両の登録番号や車種、色など(→これを忘れる方が非常に多いです)できれば車検証で所有者も確認しておきましょう
*相手が加入している自賠責保険、任意保険の証券番号、契約者名、わかれば保険会社の連絡先など
とりあえず現場ではこの辺を押さえておきましょう。

スポンサードリンク

そうしている間にも警察官が到着するでしょうからその後に事故の状況を確認していきましょう。

事故の状況に応じて「過失割合」が生じる場合があります。
事故状況がハッキリしないと交渉にも支障をきたすこともあります。
現場でおたがいのスピードや停止位置、信号の状況をメモしておくことをお勧めします。
携帯にカメラが付いている人は現場や事故車の写真を撮っておくのもいいと思います。
相手と言い合いになる場合もありますが、現場と状況の確認のみすればいいと思うので交渉自体はそこでする必要はありません。
お互いがどうやって進行した結果事故につながったのか、防止できなかったのかが分かればいいのです。

事故車の破損がひどければ、レッカー車などで運んでもらわなければなりません。
自走できない場合は仕方ないところです。
自分の任意保険にレッカーサービスが付いているケースがあります(最近はかなりの確率でついている)ので任意保険会社にすぐに連絡しましょう。
知っている修理工場がなければ、工場の紹介もしてくれるはずです。

また先ほど言ったように、事故には過失がある場合がほとんどです。
ですので自分が悪くてもよくてもその場で示談の約束をしてしまうと後々に不利益を被ることもあります。示談に関しては保険会社と相談してからにしましょう。
その場で安易な約束をしてしまうと、保険会社から支払われない場合もありますのでご注意ください。

交通事故の防止には事故前の防止手段もいろいろありますが、事故を起こしてしまった後も二次的な事故を続発させない最低限の防止策もあるとお知り置きくだされば幸いです。

事故を起こしてしまった時は冷静な判断ができない可能性も大きいです。
最低限の知識だけでも持っておけば少しは落ち着いて処理できるかもしれません。

優先順位は人、物の順番だけでも頭に入れておきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク