交通事故の慰謝料

一番安い自動車保険がわかる!

交通事故の慰謝料というのはどうやって決められているのでしょうか?
人身事故によって入通院した場合、治療費、休業補償、交通費など以外にその入通院の実績によって慰謝料が発生、認定されることになります。

全く医療機関に通っていなければ「イタイから休む!」と言っても損害を認定してはもらえません。
保険会社はそんなに甘いものではありませんよ(笑)

では慰謝料について簡単に考えていきましょう。

交通事故の慰謝料は前述したとおりケガをした被害者が入院もしくは通院した時に発生します。
主には病院に入通院するわけですけれど、整形外科医院や接骨院(整骨院)等でも慰謝料が認定されているのが現状です。
病院や整形外科医院は規模の大小を問わず「医療機関」として認知されておりますが、接骨院(整骨院)は「柔道整復師」と呼ばれ正式には医師ではないため医療機関かどうかと言われればなんとも言葉に窮してしまいます。
しかし、医療行為をする治療院と考えられているのが通例で慰謝料の認定対象にはなっています。
カイロプラティックは…どうなのでしょうかね。あまり聞きませんが「治療」と言えるかどうかは微妙なようです。
多少待ち時間がかかっても病院等にかかるのがいいと思います。

スポンサードリンク

慰謝料の金額ですが、自賠責保険の基準では1日4200円と言われています。
もっとも自賠責保険の傷害部分の補償は120万円が限度ですからそれ以上は出ませんが。。。
任意保険では自賠責保険の考え方を基本としますが、あまりに入通院が長くなってしまうときには個別の対応を取っているようですね。
総治療日数と実入通院日数を踏まえた上で独自の係数を乗じ積算しているようです。
これは各保険会社によって若干違うかもしれませんが根本的は部分はほぼ同じ基準であると考えられます。同じ日数の治療機関ならどこだと慰謝料が高いとか安いとかあまり差異はないでしょう。

自賠責保険の基準、任意自動車保険の基準とともに弁護士による基準というものもあります。
弁護士基準の方が慰謝料は高く計算される傾向にあると思いますが、弁護士費用もかかりますからね。その辺は実際の事例にならないとどうかは何とも言えません。

入通院の慰謝料の他に死亡や後遺障害による慰謝料もあります。

交通事故で被害者が死亡した場合、慰謝料が発生します。
また生存していても後遺障害が発生した場合においても慰謝料が発生します。
後遺障害は1級から14級まであり、障害の程度によって認定される額が変わってきます。
慰謝料と言ってもいくつか別々に考えられる場合もありますのでよく知っておくべきかと思います。

大きな事故になってしまい自らもしくは大事な家族がケガをした場合、その損害を積算するのは容易なことではありません。
特に相手が保険会社でこちらが被害者の時は慰謝料を含めたいろいろな損害についてどう考え対処していくべきか…

交通事故の相談については別の記事で。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク