交通事故の相談

一番安い自動車保険がわかる!

交通事故が起こってしまったとき、あなたはどう対応していらっしゃるでしょうか?

「自分は交渉事は得意だから大丈夫!」

本当にそうでしょうか?

いろんな事例がある中ですべてが自分にとって優位に運ぶことは限りません。
特に交通事故の交渉は思うより難しいものです。

行き詰ったとき…どこに相談するのがいいのでしょうか?

交通事故の相談はいくつかの場所があります。
一つ一つ考えていきましょう。

まず身近なところでは自分が加入している保険会社、代理店などですね。
普段接しているわけですからいろいろと聞きやすいという利点があると思います。
代理店でも事故処理に長けている人もいますので「現場の実績」を多く持つ代理店は頼りになると思います。

逆にそうでない代理店もいます。
保険商品の知識は豊富でも事故処理はあまりしないという人も中にはいます。
その時は最寄りの保険会社事故サービスセンターを紹介してもらいましょう。
あなたの加入している保険会社であれば多少の時間を割いてくれると思います。
しかし、保険会社の社員の立場があるため「事故によって加入している保険を使って処理」する場合ならなんなりと相談に乗ってくれますが、無過失の場合などは自分の任意保険を使用しないのだから果たしてどうかという場面もあります。
でも最近は「人身傷害補償特約」を付保している契約が多いので、保険会社も人身損害についてはたいてい相談を受けつけてくれることでしょう。

スポンサードリンク

まずは自分の足で動くことですね。
電話ではニュアンスは伝わりにくいですから保険会社のオフィスに行ってみましょう。

それでも交渉がうまく運ばない場合は弁護士などの専門家に相談することになります。

大抵よく聞く話では「相談料30分5000円」などの相場を耳にします。
最初の30分は無料で行っているところもあるようですね。
中には最初の30分ではなくて1回目の相談は無料にしている弁護士事務所もあるようですので動向をよくチェックしてから選ぶのもいいかと思います。
また自動車保険に「弁護士費用特約」を付保している方なら、保険会社に弁護士を紹介してもらうのが一番の早道ではないかと思います。
交通事故の処理ばかりやっている弁護士なら場数は豊富。信頼に応えてくれることでしょう!

日弁連の紛争処理センターというところもあります。
しっかりと資料を用意し短時間で明確な説明を準備してから出かけないと概要を聞いていただいただけで時間が終了してしまいますのでご注意を。
予約もいるようですしかなり予約待ちになっているかもしれません。
早期に動き出すなら自分の保険会社に相談→場合によっては弁護士紹介依頼がいいのではないでしょうか。

交通事故の相談というのはなかなか他人にはしにくいことかもしれません。
しかしながらやはり「専門的知識」のある人に自分の意見や疑問をぶつけなければいい解決法は導き出せません。
うまくいかなくて悶々としているならどんどん前向きに動いて処理していいくべきだと私は思います。

あわてずあきらめず頑張っていきましょう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク