交通事故

相変わらずニュースでは必ずと言っていいほど放送されている「高齢者の交通事故」。
しかしながら、それは実際にはごく一部のはずなのですが「かなりの頻度」で発生しているように思えてしまうのはちょっといかがかと思います。

でも10年、20年前に比べ実数としては増加しているのは否めません。

高齢者の事故とその保険料について少し考えていきましょう。

詳細はこちら

自動車保険も「保険料」の金額が多い少ないで話題になることは多いですが、実際の事故の時に支払いができるできないで話題になることは少ないですよね。
火災保険に追加で付保する地震保険がどういう時に出るか出ないかは一時話題になりましたが。

さて、少し前に認知症患者の方が起こした交通事故が話題になりそれも痛々しい事故になってしまったことがありました。

認知症と自動車保険の関係について少しだけ書いてみようと思います。

詳細はこちら

先日、飲酒運転をして捕まった知人がいました。
あくまで知人と言うだけで特に親しいわけでもありませんが、友達の友達で顔は知っている…そんな感じです。

飲酒運転の時や最近頻繁に報道されている脱法ハーブ吸引による交通事故の時、自動車保険の扱いはどうなるのでしょうか?

詳細はこちら

交通事故において過失割合を決める時にいろいろな判例がありますね。
おおむねその判例に基づいて過失割合は決まってくるわけですが、場合によっては修正要素があります。

過失割合の修正要素にはどんなものがあるのでしょうか。

詳細はこちら

交通事故でお互いの損害や過失割合など合意した場合に、示談書を作成することになります。

まあ合意できなければ調停とか訴訟とかになるわけですが。

でも合意できたということはそこで交渉成立となるわけなので「お互いの約束事」として書面に残すわけなんですよね。

それが示談書ということになります。

詳細はこちら

交通事故を起こしてしまった時、ついて回るのが相手方への損害賠償です。
過失があればかならず損害賠償義務を負うこととなります。

損害賠償についてどのように考えればいいのでしょうか?

詳細はこちら

困ったときに相談したい。
交通事故の処理に明るい人が身近にいない。
どうしたらいいかわからない。

いろいろと交通事故には悩みが尽きませんよね。

そんな時にいくつかに期間があることをご存知でしょうか?

詳細はこちら

交通事故にはいろいろな形態、状況があります。
一つ一つ異なるわけですよね。

そんな中で交通事故の過失割合はどのように決められるのでしょうか?

おぼろげながらでも各自知っておく必要性がありそうです。

詳細はこちら

交通事故が起こってしまったとき、あなたはどう対応していらっしゃるでしょうか?

「自分は交渉事は得意だから大丈夫!」

本当にそうでしょうか?

いろんな事例がある中ですべてが自分にとって優位に運ぶことは限りません。
特に交通事故の交渉は思うより難しいものです。

行き詰ったとき…どこに相談するのがいいのでしょうか?

詳細はこちら

交通事故の慰謝料というのはどうやって決められているのでしょうか?
人身事故によって入通院した場合、治療費、休業補償、交通費など以外にその入通院の実績によって慰謝料が発生、認定されることになります。

全く医療機関に通っていなければ「イタイから休む!」と言っても損害を認定してはもらえません。
保険会社はそんなに甘いものではありませんよ(笑)

では慰謝料について簡単に考えていきましょう。

詳細はこちら

スポンサードリンク

スポンサードリンク