自動車保険

相変わらずニュースでは必ずと言っていいほど放送されている「高齢者の交通事故」。
しかしながら、それは実際にはごく一部のはずなのですが「かなりの頻度」で発生しているように思えてしまうのはちょっといかがかと思います。

でも10年、20年前に比べ実数としては増加しているのは否めません。

高齢者の事故とその保険料について少し考えていきましょう。

詳細はこちら

自動車保険の改定がやや落ち着いた感がありますが、やはりいろいろ聞いてみると高齢者向けの保険料は年々上がっているのが現状です。

ニュースで取り上げられるだけでなく、自分の身近なところでも高齢者(70歳以上)の自動車保険料は高騰しています。

はたしてこれを下げる方法はあるのでしょうか・・・

詳細はこちら

自動車保険も「保険料」の金額が多い少ないで話題になることは多いですが、実際の事故の時に支払いができるできないで話題になることは少ないですよね。
火災保険に追加で付保する地震保険がどういう時に出るか出ないかは一時話題になりましたが。

さて、少し前に認知症患者の方が起こした交通事故が話題になりそれも痛々しい事故になってしまったことがありました。

認知症と自動車保険の関係について少しだけ書いてみようと思います。

詳細はこちら

4月に消費税が8%となり、買い物をしたレシートを見ながら少しづつそれを実感しているこの頃です。
だいぶ定着してきた感がありますね。

それとともに、損害保険各社は消費増税後の状況を見ながら自動車保険料の値上げをし始めました。

詳細はこちら

こんにちは。
自動車保険を選ぶ時、その比較の材料として一番関心があるのはなんでしょうか?
それは当然保険料ではないかと思います。

保険料の差異がある今日では、そこが比較の一番関心がある部分でしょうね。

では、保険料は安ければいいのでしょうか。

詳細はこちら

自動車保険に加入しよう!

自動車を買ったときまず乗る前に考えなければならないことですよね。
自動車保険に入らずに乗って事故を起こしてしまったら取り返しのつかないことにになります。
このブログでも何回かそういった状況下の事を書きましたが、怖いですよね。

自動車保険に加入するとき、いろいろな保険会社がありますがみなさんはどうやってそれぞれを比較していらっしゃるでしょうか?

そんなときの注意点などを書いていきたいと思います。

詳細はこちら

自動車保険の等級継承について個人の場合は別の記事で書きましたが法人のときはどうなのでしょうか?

自動車保険の等級継承において「法人⇔個人」間は旧来からいろいろと問題になっておりました。
なぜなら何十年も前は相互に等級を継承する術が全くなく、個人事業主のときに加入していた自動車保険が無事故で割引が増え等級が上がった時にたまたま法人化(事業が好調で)したものの保険は「同じ財布」でありながら厳密には「違う契約者」という理由で自動車保険においては等級継承は認められませんでした。
ですので当然その裏側では「自動車保険契約者」は「個人」のままであった契約も当時はよく見られましたね。
でもどこかでいつかは変更→正しい契約者にしなければならず、自動車保険の契約者とすこしもめるケースもあったように記憶しています。

詳細はこちら

自動車保険の等級継承についてですが、
結論から言えば、次の条件に当てはまる場合には、等級を
そのまま継承することができます。

【契約者を変更しても、等級の継承が可能なケース】
1:個人事業主で契約していたものを、法人化により法人契約に変更する場合
→法人化した際の資料、または事業を継続しているという税理士等の証明などが必要
2:法人契約のものを、法人の解散により個人契約に変更する場合
→解散してないと不可。よく会社ごと譲渡や株を売ってとかで既存会社が存続していたら適用できません。
3:配偶者間の変更(夫→妻)(妻→夫)
4:同居の親子間の変更
5:同居の兄弟姉妹間の変更
6:割賦販売でクルマを購入した場合の売主(販売会社)から買主への変更
→ローン条項解除のために書類が必要です。保険会社には新旧の車検証を出せばいいでしょう。

注意すべき点は『同居』という部分です。

詳細はこちら

相手車が事故で全損になってしまった。
全損ってなんだ?
全損とは「修理した場合の修理代金が車自体の時価額を上回ってしまった」場合を主に言いますよね。

???
もうちょっと具体的に言うと、車の時価額が20万円しかないときにぶつけられたりして修理工場に入庫したところ修理代が30万円かかると言われたとします。
「車の価値」以上に「修理代」をかけるのは賠償に値しない、時価額を賠償すればよしという考え方が全損なのでしょうね。

しかし、それで本当にいいのかな?

詳細はこちら

人の車で事故を起こしてしまった…
自分の保険は使えますか?

と言う質問が年に何回かあります。

こういうときに使えるのが「他車運転危険補償」です。

では具体的にはどういったケースで使えるのでしょうか。

詳細はこちら

スポンサードリンク

スポンサードリンク