自賠責保険

自賠責保険の契約と解約および変更についてです。

自賠責保険は国の管轄だということはご存知の方も多いと思います。しかし取り扱いの窓口は各保険会社になっていますよね。これもみなさんご存じのとおりです。

自賠責保険は自動車の検査登録を受けるために必ず契約しなければならない保険です。このため「強制保険」と呼ばれているのでしょう。自賠責保険の契約、加入がなければほかの用件がそろっていても車検を通すことはできません。

詳細はこちら

自賠責保険は被害者に対してその損害を補てんし救済する役割があるのはご存じのとおりです。でもいくつかの例外として保険金請求をしても支払いが受けられなかったケースがあります。

たいていは加害者になったとしても怪我をしていたならば減額になっても保険金の支払いが受けられます。

まったく保険金の支払いが受けられないのはお察しの通り「信号無視」の場合です。

詳細はこちら

通常、人身事故の場合は警察に届けて「人身扱い」の事故として処理されなければなりません。任意保険の自動車保険では人身扱いの事故証明書が求められ、取得できない場合は一括払いの手続きなどができないケースもあります。

自賠責保険に於いてもこの条件は基本的には同じです。しかしながらケースによっては人身事故扱いの事故証明書が取得できない場合もあります。

詳細はこちら

自賠責保険に加害者が請求する時に同時に被害者請求も行えます。
別々に請求するよりも簡単なのでお勧めします。

詳細はこちら

交通事故がおきて怪我をした場合、最初は救急車でも自分で通院するにしても病院に行くことがほとんどだと思います。または整形外科とかでしょうか。
しかししばらくすると接骨院や整骨院に通いたいという被害者も結構多いのではないでしょうか。接骨院や整骨院は厳密に言うと医者ではなく「柔道整復師」といいますよね。これがどこまで医療行為と言えるのか私には正直わかりません(笑)。でも痛みが軽減されるし、病院に比べ待ち時間も短く近所にも結構件数があるので気軽に通えるというメリットも被害者側にはあるのではないかと思います。

詳細はこちら

車検が切れていると同時に自賠責保険も切れていて任意保険が用をなさなかった実例

Aさんという方の話です。
Aさんはストレスから胃潰瘍になってしまいしばし入院することになりました。子どもたちもまだ学生のため、奥さんも自動車免許を持ていないため家にある車はしばらく誰も運転することはありませんでした。
彼は退院後も電車やバスで病院に通院していたため、また会社にも同様の交通手段で通勤していたので車のことなど置物程度にしか思っていませんでした。

詳細はこちら

自賠責保険請求の書類について見ていきましょう。

大筋下記のような書類が必要になります。

詳細はこちら

自賠責保険と任意保険の関係について見ていきましょう。

自賠責保険は対人賠償だけにしか使えないこと、また項目ごとに限度額があり自賠責保険だけしか加入していなければ賠償金が大きくなったときに多大な出費をしなければならない危険性があることなどについては前述したとおりです。
そこで上乗せの自動車保険、俗に言う任意保険の必要性があるというわけですね。

詳細はこちら

自賠責保険の請求方法について考えていきましょう。

自賠責保険の請求方法には大きく二つの方法があります。

詳細はこちら

自賠責保険とは何の保険か、内容などを見ていきましょう。

自賠責保険とは本当は「自動車損害賠償責任保険」と言うのが正式な名称です。つまりは損害賠償のための保険なのですね。
自賠責保険は自動車損害賠償保障法によって、原動機付自転車(原付)を含むすべての自動車の保有者に対し、自動車1台ごとに加入することが義務付けられています。そこから「強制保険」とも言われているわけですね。
また、自賠責保険を付けずに自動車や原付を運転すると、1年以上の懲役または50万円以下の罰金、さらには違反点数6点(!)、免許停止の処分の対象となりますので注意しましょう。
(構内専用車など公道を走ることのない自動車などは加入義務がない場合もあります)

では、自賠責保険ではどんな事故に対して保障ができるのでしょうか。

詳細はこちら

スポンサードリンク

スポンサードリンク